備忘録

都内在住SEのアラサー。PNH持ち。好きなこと、思うことを記録。映画、美術館、宝塚がメイン。。

美弥るりかディナーショーRazzle

さて、肝心のショーの内容。 みやさまちょーかっこいい!! というバカなコメントしか出てきませんでしたが、やはり劇場より濃密な空間で見ていると本当に素敵でした。 オープニングはタキシードから始まり。みやさまだけ一人きらきらなのが感動。真ん中だ!…

美弥るりかディナーショー(内容以外のこと)

10月29日東京第一ホテルにて、美弥るりか様のディナーショーへ。 備忘と誰かのために、とりあえずショーの内容以外のものを書き記しておきます。 【服装】初のDSだったのでどうすればいいのかさっぱりわからなかったので、ヅカトモに聞いたり、ググったり。…

All For One 宝塚・月組

楽しかったAll For One。久々にリピートしました。 まずたまさまがまっすぐダルタニアン似合っていていいです。たまさまのキャラだからこその脚本なんだろうなぁ。壁ドンとか(最後まで引っ張るネタになるとは…)も壁どぉおおおおおんってなって。 マント裁…

貧血もちが初高尾山

初の高尾山登山。 気温24度の9月に会社の人と行ってきました。 京王線の高尾山口駅で降りてまず涼しい!!と驚く。都内とは言え、立派な山なのね。 格好は長袖シャツとカーディガン、Gパン、スニーカー。歩き始めると暑くて袖をまくったり、タオルで汗をぬぐ…

月組All For One 新人公演

初めての新人公演観劇。月組All For Oneに行ってきました。 蓮つかさくん、初主演おめでとうございます。全体的に歌もうまくて、真ん中よく合ってるなぁと。このダルタニアンのまっすぐな役も似合っていたのかな。殺陣、二幕モノと大変だっただろうけれど、…

結婚式覚書・やるかやらざるか。

式覚書その3。 割と他の結婚式ではよくあること、やる人が多いだろうけどやらなかったものと、オプションだけどやって良かったもの。 ◯やらなかったこと ・花嫁の手紙 最初の式場見学したときからずーっとやりたくないと伝えていましたが、これはやりません…

初の九州旅行@小倉・博多

ほぼ初の九州旅行一泊旅行に行ってまいりました。 (ほぼ、とついているのは以前下関と広島旅行をした際に、下関→巌流島→小倉から新幹線で広島、としたことがあったので。なので門司は一瞬だけ通り過ぎている) 一日目は親族の集まり@小倉であったので、観…

結婚式覚書・外注か内製か

式覚書、その2。 すっかり更新していなかったが、覚書その2。 準備で結構迷ったのがホテルの業者に頼むか外注するか、自作するか。ホテルの業者はやっぱり高い。が、ある程度の情報は共有してくれるし、クオリティーは保証されている。ネットで調べて出てく…

第2回ヅカヲタの会

ヅカヲタで集まってカラオケでDVDを見ようの会でした。 第1回が楽し過ぎたので、第2回も開催。 今回の部屋は4面にモニターがあり、推しに囲まれる素敵な空間。 第1回はアーサー王でしたが、第2回はショーを見ようの会。 各人持ち寄りの中から組ごとにあみだ…

日本全国梅酒狂想曲

祖母の家には梅の木があって、実をつけた年はそれに針でたくさん穴を開けてシロップ漬けにしてくれた。シロップも優しい甘さで美味しかったが、梅も柔らかく甘くなってすごく好きだった。 ここ数年は母が梅酒やら何やらを漬けるようになっていたが何故わざわ…

住んでいるのは夢の国沼?

今週のお題「私の沼」であったので書いてみる。初のお題トライ。 沼っていうと一つのにのみ浸かってるイメージもあるが、一つに絞れないので複数記載してみる。 長く住んでる沼は「美術館沼」「読書沼」「洋画沼」あたりだけど、かなり好みが偏っているし投…

結婚式覚書・概要

式を挙げた。結婚が決まってから両家顔合わせだの引越しだのして、結婚式までトータル約一年。恐らく二度とない機会なので記録しておく。○私たちについて私は横浜出身横浜育ち。オットは大阪出身で社会人になるときに上京。職場婚。職場では先輩だが同年齢。…

ミュシャ展(国立新美術館)

『ミュシャ展』(国立新美術館)に行ってきました。一応その昔ポスターやらアールヌーボーのあたりは多少かじってましたが、今回はスラブ叙事詩が見たくて。 何年か前にミュシャ展に行った時、この時はポスター系が目当てだったものの、いざ目にして心に残っ…

宝塚花組全ツ・仮面のロマネスク/Exciter

神奈川公演に行って来ました。元横浜市民大好き県民ホール。大好き花組。 そして初の全ツ。 仮面のロマネスクは初見でしたが、「男を~真剣に~」と歌い出してあぁこれか、と。(宝塚あるある) 話は相変わらず突っ込みどころ満載でしたが、ザ宝塚。みりおち…

ララランドとミュージカル

少し前になるが、『ララランド』を見た。周りの評価は真っ二つ。 はてさて、という思いで見たが感想はうーん、でした。つまらなくはないけど絶賛!ではない。何がかなぁと思っていたのだけれど、ミュージカルではないのかと。 あちらこちらのミュージカル映…

私の名は。

結婚して、A田B子からC本B子になった。 今までいろいろ思うことがあったので記載してみる。 自動車免許証を持っていないので本人確認はパスポート。 婚姻届けを出してから「C本」でのパスポートを取得するまでが1か月近く間があった。 手元にあるのは「A田」…

報告。

久々のブログ。 病気云々とは全然関係ないお話ですが、人生でそうそうない機会だろうから今の思いを残しておこうと思う。 (ちなみに体調は暑くなったせいか久々にこの間貧血を起こしました。もやは初夏の風物詩) はてさて、なぜかはよくわからないが結婚す…

身体のこと①

身体のこと。 最初に大病(?)を患ったのは中学生の頃のこと。 昔からよく病院に通う子であった。小児科だったり皮膚科だったりで、病院の中には顔馴染みの看護婦さんがたくさんいた。家には薬が色々常備されていたし、皆勤賞とはとんと縁がなかった。 とは…

グエルチーノ展

グエルチーノ展に行ってきました。@国立西洋美術館 http://www.tbs.co.jp/guercino2015/ 全然知らない画家だったんですが、面白かった。 まず人気があまりないせいか空いていてのんびり見られる! これって結構重要なことです。自分と絵の間に人がわんさか…

久々に。

久々にブログを書くことにした。折角なので以前の記事も残しているが、1番最初は大学生の頃らしい。 久々に読み返してみたが、卒論とかサークルとか懐かしい単語があった。 さて、現在の私。 相変わらず横浜市在住、都内の片隅でSE。もう入社6年目。 もうす…

映画の何にひかれるか。

久々にブログを書いてみようか、という気になったので、書いてみる。 最近あまり言語化していないので少し言語化の癖をつけようと思う。 ここ最近は、あまり美術館に行っていない。 好みのものがないのだ。 私の好みは偏っていて、ルネサンスの宗教画がどス…

フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展

フェルメール展へ。 お目当てはもちろんフェルメールの《地理学者》。これの対と言われる《天文学者》を以前ルーブル美術館で見たときに感動したため。 フェルメール《地理学者》 フェルメール《天文学者》 さすがのフェルメール。 立体的で、窓からの光で照…

『アルフォンス・ミュシャ展』三鷹市美術ギャラリー

テレビにてミュシャ展の宣伝を見たので、行ってみました。 一応、大学時にポスターの歴史の授業をとって、ミュシャについて軽く調べたのと、アール・ヌーヴォーの話もちょこちょこ調べたことがあったので、多少の下知識はあり。 ミュシャ、と一目で分かるポ…

『マネとモダン・パリ展』三菱一号館美術館

せっかくなので、美術展の話もしましょうか。 先日行ってきたのが、『マネとモダン・パリ』展。三菱一号館美術館開館記念。 正直なところこのあたりの絵はあまり好みでないのですが、どちらかと言えば三菱一号館美術館の建物自体に興味があったので。この先…

《受胎告知》を絵画であらわすと。

何から話そうか考えましたが、やっぱりキリストの一生から入るのがオーソドックスでしょう。 ご存知、キリスト教の創始者。西暦は彼の誕生した年を基準としておりますが、近年の研究では数年ずれてるらしいです。 さてそんな彼は生まれたときからちょっと変…

宗教画について。

絵の解説をする前に、宗教画について少しお話させてください。 そもそも西洋美術史において、宗教画といえばキリスト教画です。 より正確に言えば、ルネサンス以前の絵画といえば宗教画がほとんど。ルネサンスになって神話画や肖像画がすこしずつ増えてきて…

新装開店予定

無事に社会人になり、なんとか1ヶ月を超えそうです。 とはいってもまだあと2ヶ月研修で、そのあとの配属もひたすらお勉強する部署なのですが。 社会人になって、時間がなくなり、あぁ本当に社会人って目標持たないと毎日ダラダラ過ぎてしまうな、と痛感い…

『部屋でくつろぐシリーズ かぼちゃのクッキー』 かぼちゃ?という味。あんまりかぼちゃの味がしないです。 甘さ控えめでおいしいのだけれど、糖分を欲している作業中には物足りない。 たぶん普通におやつで食べるには丁度よい。 あとは、他の2つに比べて少…

雪の結晶ピアス

そろそろ寒くなってきたし、ということ雪の結晶モチーフを発見したので作ってみました。 製作時間を計ってみたところ2時間半。 左右で違うデザインにしたわりにはそこまで時間を使わずにすみました。だいぶ「作業」には慣れてきました。 ピアス作るので一番…

『図書館革命』

『図書館革命』 有川 浩 図書館シリーズ4作目。 いやぁもう一気読み!! さすがシリーズラストということで、怒濤の展開で息つく暇なし。すごいです。 郁の勢いが止まらぬどころかスピードを増す。あぁこの状況をどう打破してくれるのだろうか、と思ってや…