備忘録

都内在住SEのアラサー。PNH持ち。好きなこと、思うことを記録。映画、美術館、宝塚がメイン。。

美弥るりかディナーショーRazzle

さて、肝心のショーの内容。

 

みやさまちょーかっこいい!!

 

というバカなコメントしか出てきませんでしたが、やはり劇場より濃密な空間で見ていると本当に素敵でした。

 

オープニングはタキシードから始まり。みやさまだけ一人きらきらなのが感動。真ん中だ!!

光月さん、貴澄さん、白雪さん、晴音さん周りを囲むのも実力派。

あとは生オケ(一部録音)だったのもさすが宝塚!と思ったし、指揮の吉田先生が片手でピアノ、片手で指揮しててすごいなとも。

 

歌の合間にトークが挟まりましたが、面白かった。

台風接近中の中でのショーだったのでひたすら台風ネタ。「本日は台風で足元のお悪い中…」とか「台風にも負けないくらい…」とか。

どこかのタイミングで台風を模して、とくるくる回るみや様が可愛かったです。

 

貴澄さんが「男役最下級生研12の…」で噛んで、周りにフレッシュだわ~と言われたり、

さちかさん「昨日は東京オリンピック1000年前…あ、1000日です!!」と慌てていたり、

晴音さんも「一番フレッシュの研9の」でみんなにはいはいフレッシュね~と流し気味にされていたのに、新人公演の話で最後何だったのか聞かれて「マノンで…」と答えたところ皆で最近!!と驚いていたのが面白かった。特に光月さんとみやさまの驚きっぷり。

マノンの話で、

みやさま「芝居って1時間35分くらいあるんですが、本当に1時間半だまっていて最後にだけセリフがあるので、急にお舟に乗る前あたりから緊張しだして咳払いしたり…一言しかセリフないのに、セリフなんだっけ!とか思ったりしちゃって…」

光月さん「最後のセリフなんだっけ…」

みやさま「それが思い出せなくて…えーっと…」(忘れたんかい!と会場一同突っ込みの空気)

光月さん「どこへ行くのかい?みたいな…」

みやさま「そんな、かい?とか軽くない! えーっと…心の…赴くままにだ!」と。

たぶん会場後ろのほうから赴くままに!って叫んだ人いた。

 

そんなトーク中はみなさんぼけぼけっぷりなのに(すいません!)、ひとたび音楽が入るときりっとしたモードに切り替わるのも見ていて楽しかった。

見ているこっちもスイッチ切り替えるの必死ですが。

 

宝塚以外の曲も歌っていたけれど、とりあえずみやさまに落ちたのが1789のアルトワなので「私は神だ」を怪しくアダルティーな雰囲気の中冷たいアルトワの目で唄っていただいて私は満足でした。(うっとり)

あとは、ゴールデンボンバーとか韓流とか歌ってらっしゃいました。

初めて聞いた「さよならひとり」という曲がよかった。このときの衣装もそんなにキラキラはしていない、シルバーというかオフホワイトみたいなのでひらひらがついていて(語彙力がない)近未来な雰囲気で似合っていた。

 

外部ミュージカルということでモーツァルトより「影から逃れて」、ノートルダムの鐘より「僕の願い」。

そういえば「僕の願い」がラストから2曲目だったので締めの言葉がその前にあったのだけれど、「では、次・・ノートルダムの鐘より」で噛んでしまってましたw

苦笑しながらもう一度言い直してましたが。かわいいw

 

客席降りも多くあったのがDSならでは。みやさま以外もみんな顔ちいさっ!

最後のときに衣装の上から白いレース地でふわふわの羽根がついたマントを羽織っておられましたが、どこかの方にひっかかったのか(そりゃ通路狭いもんな)外れてしまっていたけれど、そんなハプニングにも冷静に対処。

ステージ戻ってきて、ぽいっと奥においてそのまま一度幕は下りる。(実際にはないけど)

カーテンコールで出てきたときに光月さんが回収して、再び出てきたときにつけてらっしゃいました。このへん皆対処がうまいよねぇ。(むかし、ショーのサヨナラパレードで下級生が帽子を階段前に落としてしまって、あれどうするかなぁとみていたら、上級生がおじぎしてはけるときにさっと取っていってすごいと思った)

 

ということで大変満足うっとりなディナーショーでした。

今まで携帯のホーム画面ってユアンマクレガーで宝塚にはしたことなかったのだけれどついにみやさまにしてしまうくらいに笑

 

コース食べてホテルの宴会会場でディナーショーって普段の宝塚とは全然違うけれどこれもかなり満足度の高いショーでした。(値段は見ない)

f:id:crystal0721:20171105151825j:plain

美弥るりかディナーショー(内容以外のこと)

10月29日東京第一ホテルにて、美弥るりか様のディナーショーへ。

備忘と誰かのために、とりあえずショーの内容以外のものを書き記しておきます。


【服装】
初のDSだったのでどうすればいいのかさっぱりわからなかったので、ヅカトモに聞いたり、ググったり。
黒系のワンピース(今年頭の自分の結婚式のために買った笑 一着くらい持っておくものです、と半年以上前の自分に心底感謝)に、
ちょっと派手目のストール、キラキラのピアスとネックレス。
あとメイクしっかりで、髪型はかろうじて巻いて。
(前日友人結婚式で美容院でヘアメイクセットしてもらいながらアドバイスを伺ったところ、メイクは最初の下地作りが肝心らしいです。
化粧水・乳液・下地をしっかりと。)

会場で周りを見ると、がっつり結婚式二次会レベルの人からもう少しおとなしい人、と色々いらっしゃいましたが
基本的にはみなさんおしゃれしてました。まぁさすがに第一ホテルの宴会場だし。
年齢層はいつもの宝塚よりは若干上かな。

ちなみに足元ですが、その日は台風接近のため、外は豪雨。
とてもヒールでは行けなかったので、会場トイレで履き替えました。


【当日の流れ】
雨はすごかったですが、地下鉄新橋駅からは地下通路でつながっているので楽に。
地下街、非常に分かりにくい場所にありますが。

食事は18時15分からとチケット等には記載がありましたが、雨だし早めに、と17時45分頃に会場入り。
そこからクロークに傘と荷物預けて(クロークのホテル側の臨戦態勢っぷりが本気だった。帰りも同様に。)身支度整えて、としてから会場入り。
1テーブル12人のきっつきつ状態で、間を通るのも結構大変…。まぁそれは仕方ないですね。

机の上には一人一枚、小さめのコースメニューと本日のショーのセットリストの紙。
ポスターのみやさまがいて、わーい。

ホテル側も大人数の披露宴等にさすがに慣れていらっしゃり、すぐにドリンクオーダーとりに来てくださるわ食事も来るわ。
なので、開始時刻より前でしたが食事出てきました。
食事はスープ抜きのコース。
しっかりお魚もお肉もありましたし美味しかった。

ドリンクもオリジナルカクテル(アルコールがRazzle、ノンアルコールがRurica)があったので、どちらもいただきました。
アルコール入りのほうは半分ほど飲みました。ちょっと席がすごかったので、アルコールで緊張を和らげました。

f:id:crystal0721:20171105143641j:plain

↑アルコール入りオリジナルカクテルRazzle

奥に見えるのがコースメニューとセトリ。

 

 

一人参戦のため黙々と食事をとり、お料理も一人むしゃむしゃと。
一人でコース食べることなんてそうそうない経験だよなぁとか思いながら。
しかしきっと裏の厨房とかえらい大変なんだろうなぁ。一人ひとりペースが違っていたし。

早めに食べ終わったのにトイレは長蛇の列。9割以上女性だから仕方ない。


徐々にテーブルの真ん中にあったお花が片付けられ、ショーの間の飲み物オーダーを取ってくれて、19時半開演~。

ということでショーの内容は次の記事に。

All For One 宝塚・月組

楽しかったAll For One。
久々にリピートしました。

まずたまさまがまっすぐダルタニアン似合っていていいです。
たまさまのキャラだからこその脚本なんだろうなぁ。
壁ドンとか(最後まで引っ張るネタになるとは…)も壁どぉおおおおおんってなって。

マント裁きとか剣裁きもいいし、歌もトップになってずいぶんまろやかな歌声になってくださっていいなぁと。
というかマントと剣をぴしっと決めてくださるのは本当に宝塚のだいご味だ。
幕開けで男役がずら~っと並ぶシーンにによによしてしまう。

そしてすげぇなぁと月を見るたびに思うのがちゃぴ様。
今回も低い声と高いのを使いわけるわ、間の取り方はうまいわ。
この役はちゃぴじゃないとできないんだろうなぁ。
あのルイの太陽の衣装も着こなしなさっていてジェンヌってまじすげーと思った。
呪われた私の運命~を歌うシーンが好き。というか娘役が地声でガンガン歌うシーンが好きです。


わが推しみやさまは似合いすぎててね!
事あるごとに髪をかきあげ、投げキスを飛ばし、さすが世紀の色男ー。きゃーきゃー。
髪がはらっと長くて大変よろしかったです。
レイピアもきらっきらされていて。
アラミス神父のシーンもみんなきゃーきゃーしてていいです。
アラミスって下手をすると「三銃士の一人」でひとくくりにされてしまうのだけど、ちゃんと2番手ポジションだったのは私の贔屓目かみやさまの力か、はたまたイケコの脚本力か。
スペイン衛兵に変装している、マッシュルームカットもかわいいですよね。
(2回目見に行ったとき、わかばちゃんの迫りっぷりが増していて面白かった)

でも、フィナーレの男群舞で最後みやさまが真ん中になるときのおらおらっぷり。
あのシーン他の子も見たいのだけれど、みやさましか目に入らない。
叫ぶかと思ったもんな、あのシーン。とりあえず録画したカフェブレをリピートしている。


宇月さんも落ち着いたアトスがお似合いだし、ありちゃんもポルトスよかった。
タイタンとか、若い感じでいいよねぇありちゃん。
(と思っていたら、カフェブレイクでありちゃんとたまさまが同じ年くらいの設定と言っていた。
ごめん、ありちゃん、一番若い血気盛んな子かと思ってた…)

月城さんのベルナルドもざ・イケコの悪役だよなぁ。
全身真っ黒でお綺麗なのに、最後まで壁をひっぱる、ちょっとおバカキャラ
いいですけど。悪役ソングもきたきた~と思ってオペラあげましたけど。
周りの護衛隊も輝月さんとからんちゃんと、と見ていて楽しかった。
(どうでもいいけど、からんちゃんの冷たい顔が好きだ)
ラスト立ち回りの二刀流は蒼紫様?と思ったらやっぱりそうだったようで。(ムラではどっかん沸いたそうで。東京はシーンとしていたもんな)

こまさんも娘役よかった~。
お芝居うまいからきっちり笑いは取り、決めるところは決め。
ちょっとむっちりのお色気で迫るのは、若い娘役にはできない役で。
専科さんはいいですよね。

なのに次でやめてしまうのがとても寂しい…。

ちょど見に行った日がサヨナラ発表された日だったのだが、パレードでの拍手がとても大きかった。


マザランの一樹さんもどっしり締めていらっしゃっる。
(子供いすぎだw)

他、佳城さんんのリュリの役が可愛かったり(2回目は小芝居が濃くなっていた)、さちかさんのラップがプロくなっていたりと月組は見どころが多すぎて、イケコ芝居だと本当に見るのが忙しい。
海ちゃんの出番が前半少なかったのが非常に悲しい…。

が、全体的にはとても満足な演目だったので、あとはDVDで色んな視点を確認したい。
(結局推しを見てしまう人なので…)

貧血もちが初高尾山

初の高尾山登山。

気温24度の9月に会社の人と行ってきました。

京王線高尾山口駅で降りてまず涼しい!!と驚く。
都内とは言え、立派な山なのね。

格好は長袖シャツとカーディガン、Gパン、スニーカー。
歩き始めると暑くて袖をまくったり、タオルで汗をぬぐったり。
でも少し立ち止まって休んでいると涼しかったりで体温調整が大変でした。

今回慌ててリュックサックを買いましたが(前日に会社近くのイオンに走った。イオン様様)、これ便利ね!
リュックサックって何年ぶりだろう、と思ったけれど両手はあくし、両肩に重みは分散されるし。
日ごろ肩掛け鞄愛用ですが、リュックサックに乗り換えたくなる…。
とりあえず山登りの際には両手が開いてたほうが絶対に良いのでリュックサック重要。


高尾山口駅→1号路を利用して山頂まで→帰りは4号路でビアガーデン→そこからはケーブルカーというルート。
上まで2時間、ビアガーデンまで1時間くらい。

日ごろ運動不足かつ貧血持ちの人間が行ってどうかなぁと思いましたが、結果的に言うと序盤20分で貧血起こしかけました☆

ペースがわからず、最初ちょっと早めに歩いていたのと、序盤の坂が一番きつかったせいか…。
幸いにも会社の人たちは私が貧血持っていることを知っていたのでちょっと休憩させてもらって、そこからはペースダウン。
あと山登り慣れている人が杖(正確な名称がわからない。あの山登りする人が持っているやつ)を貸してくれたのもあり、無事に山頂までたどり着けました。

軽い気分で高尾山いけます☆みたいなブログやらが多いですが、ちゃんと山でしたね…。
ハイキング気分で行くとやられますね…。

でも久々に森林浴してマイナスイオンを浴びて歩くのは気持ちがよかった。


あとは、RDGの世界ですものね!!!笑
少し前にこれをようやく読んでいたのもあり、絶対に行きたいなと思っていたんですよ。
山の中のあちらこちらにパワースポット的な場所があったし、やはり力のある場所なんだろうなと感じました。
(霊感はさっぱりありませんけど)

行きの1号路は道路がコンクリートで舗装されていたし、途中からは境内の中を歩いたりで観光気分(ただし坂道と階段の山。notハイキング)
帰りの4号路は山道。木の根っことかが多いのもあり、雨上がりは滑りそうで怖い道でした。
途中の谷とか吊り橋は山~って感じで楽しかったけれど。


ビアガーデンで昼から飲んで、帰りはケーブルカーという文明の利器に頼りました。
行きに1時間かけてのぼった道が帰りは5分…。文明の利器すげぇ…。


ということで、なめてかかるとえらい目に合いますが、のんびりと登るぶんには良い山でした。
都心からのアクセスも良いし、こりゃ人気だなぁと納得。
たまにはこんなのも良いですね。

月組All For One 新人公演

初めての新人公演観劇。月組All For Oneに行ってきました。

蓮つかさくん、初主演おめでとうございます。
全体的に歌もうまくて、真ん中よく合ってるなぁと。このダルタニアンのまっすぐな役も似合っていたのかな。
殺陣、二幕モノと大変だっただろうけれど、おめでとうございます!
ムラではぐだぐだだったらしい挨拶もぴしっとまとめていて、そのへんも含めて色々頑張ったんだろうなぁ。

ヒロイン、結愛かれんちゃん。
お歌が少々アレでしたが、この地声と女声と使い分けないといけない役。
苦悩するルイーズの雰囲気は出ていた。
まぁ本役のちゃぴ様がちゃぴ様だからね。

輝生かなでくんは綺麗なお顔で。本役みやさまに比べるとさすがに華には欠けるが。


しっかしまぁ、海ちゃんとありちゃん。
さすが日頃から真ん中立ってるだけはあってうまいのなんの。
新人公演の場に立つと抜群に目立ちますね。

ありちゃんは芝居にやや難あり(というか滑舌?)なので、あの重鎮感が必要なマザランはどうなるんだろ、と思っていたが、しっかり重鎮っぽさが出ていましたねー。
歌はもともとうまいし。
本役だと元気いっぱい!な役が多い気がするけれど、新人公演でこういう役をやれるのは縁起の幅が広がっていいんだろうな。

海ちゃんもあの役を楽しそうにされていてよかった。
あの役はまぁ楽しいだろうな。


風間柚乃くんasベルナルド。
まだお若いのに、芝居勘がよいのか。あっちこっちで笑いを取り、あの黒い洋服も似合っていて。
今後が楽しみな子だ。

あとお若いのに雰囲気がよく出ていたのがポルトスの礼華はるくん。
タイタンのお洋服含め似合っていた。

他、佳城くんのボーフォール侯爵。
お芝居がうまい子なので、今後も頑張ってほしい。
本役のリュリも好き。


新人公演はバイトが多いのでそれを見ればよかったのだが、本公演ですっかりみや様しか見てなかったので全体を見るほうに重点を置いてしまった…。
ありちゃんも銃士とか海ちゃんも町の女とかしてたのね!悔しい…。

 

演出も通常2時間半のを2時間にまとめるのは大変なんだろうなぁとか思いながら見ておりましたが、いろいろ切っても成立するのね、と。
仮面舞踏会もあっさり切り捨てても大丈夫だったのねw
1幕終わって2幕に入るところも続けるのはどうするのかと思いきや、こう来たかと。

あとは、本公演では銃士隊の「All fro One,One for All」がやや鼻についたのだが、こちらは減らしていたのかな。
こっちくらいのほうがかっこいいなぁと思う。


全体的なところで言えば、マント裁きや殺陣は本公演と比べるとごちゃっとしていたが、その辺はやはり経験の差がものをいう世界なのだろう。
誰がどう、とかではなく。

客席もいつもより(というか平日夜公演を見たのは久々ではあったが)スーツ姿の男性が多くて、周りの雰囲気を見ていても関係者が多いのかなぁと。


そのへんの雰囲気含めても、本公演と比べるとそわそわしてて熱い感じで面白かったです。

本公演の感想はまた後日。

結婚式覚書・やるかやらざるか。

式覚書その3。
割と他の結婚式ではよくあること、やる人が多いだろうけどやらなかったものと、オプションだけどやって良かったもの。
 
 
◯やらなかったこと
・花嫁の手紙
最初の式場見学したときからずーっとやりたくないと伝えていましたが、これはやりませんでした。家庭事情が少々あるので中身ペラッペラのしか書けませんと最初の打合せできっぱりと断ったらその後何も言われませんでした。
友人に聞いたら、恥ずかしいから、だと超プッシュされるそうです。
 
父親とヴァージンロード入場
上記記載の通り、父親との仲が良くないので。オットと歩きました。
 
・友人からの言葉
上司も呼んでなかったし、スピーチする側だと非常に緊張して100パーセント楽しめないというのが過去の経験上分かっていたのでやめました。
なくても楽しかったよ。
 
エス
ググれば山とブライダルエステって出てくるし、最高の自分で1日を!みたいな宣伝が多くて悩んだのですが以下の理由から断念。
  ・休日をこれ以上つぶしたくない(平日は無理。休日は予約取るのも大変とも言われる)
  ・勧誘こわい
  ・肌が弱い
  ・高い
やらなくても矯正下着でそれなりに絞れたし、肌もボディメイクとやら(当日、白粉を水で溶いたものを肌に塗ってくれました。有料だけど、エステ代金に比べればかわいいもん)により綺麗に見えました。やればもちろん綺麗にはなるのでしょうが、それで新たなストレス抱えたくないので…。
ただしシェービングだけは直前に通ってる美容院でやってもらいました。
 
 
◯やったこと
・メイクリハ
有料でそれなりにいい値段取られるのだけれど、自分のイメージの髪型が髪の長さ上、可能かどうか、とかあるので。あとは肌が弱いので美容院側の化粧品に一日耐えられるか、が最大の理由。基礎化粧品だけ自前、他はお任せにしてもらいました。たぶんどこでもある程度対応してくれる。
 
・式の時のベールダウン
チャペル入場時に母親にベールをおろしてもらう演出です。あとから写真見て良かったし、母親も「最後の支度という意味」と知ったら嬉しそうでした。
 
・ネームカードへメッセージ
家族と親戚以外でしたが、ネームカードにメッセージを書きました。それなりに大変だけれど、これをもらうととても嬉しいし、なかなか一人一人に改めて書く機会もないので。
 
・ネイル
前撮りのときに初ネイル、式が人生2度目でしたが、なんだかんだ指は撮られるし自分のテンションも上げるために。
可愛い系は苦手です、カラードレスは赤ですという身も蓋もないリクエストからデザイン提案していただきました。プロすごい。
やってもらうと女子力があがった気がしますが、メンテと値段をかけると常時する気はしないなぁという結論。
 
 
おまけ
〇やっておいてよかったもの
スクショを取っておくこと。
結婚式準備って驚くほど色んなことを決める必要があります。好きにしていいよ、と言われても困るしさらにそれを業者に伝えないといけません。
ということでドレス、髪型、花、なんでもネットサーフィンしていていいなと思ったものは片っ端からスクリーンショット撮っていました。ある程度集まれば自分の好みがわかってくるし、業者に伝えるときも具体的イメージがあるほうがたぶん伝わりやすい。
 
ということで色々大変でしたが、やってよかったなと思う結婚式でした。
 

初の九州旅行@小倉・博多

ほぼ初の九州旅行一泊旅行に行ってまいりました。

(ほぼ、とついているのは以前下関と広島旅行をした際に、下関→巌流島→小倉から新幹線で広島、としたことがあったので。なので門司は一瞬だけ通り過ぎている)

 

一日目は親族の集まり@小倉であったので、観光はほぼせず。

が、昼も夜も魚の大変おいしいお店に連れて行っていただきました。九州って魚おいしいですね!!

夜に出てきた、これでお刺身舟守4人分。

どれも身厚だし、サーモンのお刺身おいしいって初めて思った。

f:id:crystal0721:20170723175306j:plain

左端にあるのがウニの入っている箱なんですが、九州は箱で出てくるのがデフォだそうです。

関東では一枚一枚ですって言ったら仰天された。

 

二日目は小倉から博多まで新幹線で移動。

博多駅エヴァとコラボ。

f:id:crystal0721:20170723175934j:plain

 

当初博多駅周辺でお昼を食べる予定が、まだおなかがすいていなかったので、目的地へ行く途中で食べることにする。

目的地は海の中道マリンワールド。水族館ですね。行ってから気付きましたが、マツコの知らない世界で特集されていたところでした。

 

博多から乗り換え駅でいったん降車。

f:id:crystal0721:20170723180123j:plain食わず嫌いであった人生初の豚骨ラーメンをいただく。

(写真がボケているのは早く食べたい!と焦っていたため)

豚骨ラーメンの中ではあっさり系であったそうですが、大変おいしゅうございました。

 

その後水族館へ。

ちょうど隣の駅でフェスをやっていたらしく、電車がありがたいことに増便されておりました。

 

f:id:crystal0721:20170723180558j:plain

イルカジャーンプ。

 

イルカショーって定番なのだけれど絶対に見てしまう。

ここのイルカショーはなかなか芸が多彩でした。

大きめのボールをイルカがひれでキック!して客席に飛ばすのとかなかなか見事。あとはトレーナーのお姉さんがイルカの上に乗ったりしてすごっ!ってなっておりました。

 

f:id:crystal0721:20170723180758j:plain

イルカショーのあとソフトクリーム食べていたら、奥の小さなプールでまだ子供と思われるイルカが芸の練習をしていた。

ショー本番も好きだけど、別の時間に練習しているのを見るのも好きです。

 

 

f:id:crystal0721:20170723181128j:plain

マツコのでも紹介されていた、水がどっぼーんと上から降ってきて対流が起きる場所。

入ってすぐにあります。

下から見上げることができるのでなかなかの迫力。

 

 

f:id:crystal0721:20170723181308j:plain

おいしそうなイカさん。

 

 

f:id:crystal0721:20170723181447j:plain

大水槽。

大きな水槽ってやっぱりいいよねぇ。

(確か)イワシの大群があったり、大きなエイだのなんだのがいて、いつまでもぼーっと見ていられそうでしたが、暗いわヒーリング系の曲が流れているわで確実に寝そうでしたので適度に退散。

時間があったらぼーっとしていたかったです。

 

f:id:crystal0721:20170723182104j:plain

水槽横から見た図。

イワシがキラキラ光って綺麗でした。(おいしそう)

サメらしきものが地面にへばりついて休んでいたのが笑えた。

 

 

f:id:crystal0721:20170723182020j:plain

ケープペンギンだったかな。

ケープペンギンは温暖なところで暮らしています、とありましたがそれにしても外は厳しいだろ、と思ってしまう。

細かい水がところどころ吹いていたけれど、ほとんどが水の中には入っていなかったのが不思議。あんまり泳がない種類なのかな。

 

 

f:id:crystal0721:20170723182559j:plain

アザラシかな。

こういう形やイルカを見ると、流線形という言葉をいつも思う。

目を細めて水のなかを気持ちよさそうに行き来していて、水中を移動するにはこの形が一番抵抗ないんだろうなぁというくらいにすいーっと泳いでいる。

 

 

f:id:crystal0721:20170723183033j:plain

こちらは大好きなクラゲ。

クラゲ好きなんですよ。山形の水族館にいつか行きたいです…。

こちらはアカクラゲとかそんな名前の。透明というよりは、ぽよんとしていたし大きかった。なんとなく形がラピュタ…。いえいえ破壊されては困ります。

 

f:id:crystal0721:20170723183247j:plain

定番のももちろん。

ぼーっと見ていたいけれど、クラゲコーナーはいつも人気なのが残念。

 

 

 

水族館を後にして、博多駅へバック。

博多といえばもつ鍋なんでしょうが、もつが苦手なので一口餃子を。

f:id:crystal0721:20170723185943j:plain

 あと水餃子、春巻きも食べたけどどれもおいしくてすいすい入ってしまった。

餃子はタレと赤い柚子胡椒でいただくのが大変気に入って、帰りにお土産屋さんで買いました、赤い柚子胡椒。

 

自分用お土産はイカ明太子と明太子。

熾烈なメーカー合戦が繰り広げられる界隈でやり手のおばちゃんにつかまり、そこにしました。

いや気に入ったので良かったのですが。

 

というわけで一泊二日暑い中でしたが楽しんできた福岡旅行。

また九州別の場所にも行ってみたい!