備忘録

都内在住SEのアラサー。PNH持ち。好きなこと、思うことを記録。映画、美術館、宝塚がメイン。。

貧血もちが初高尾山

初の高尾山登山。

気温24度の9月に会社の人と行ってきました。

京王線高尾山口駅で降りてまず涼しい!!と驚く。
都内とは言え、立派な山なのね。

格好は長袖シャツとカーディガン、Gパン、スニーカー。
歩き始めると暑くて袖をまくったり、タオルで汗をぬぐったり。
でも少し立ち止まって休んでいると涼しかったりで体温調整が大変でした。

今回慌ててリュックサックを買いましたが(前日に会社近くのイオンに走った。イオン様様)、これ便利ね!
リュックサックって何年ぶりだろう、と思ったけれど両手はあくし、両肩に重みは分散されるし。
日ごろ肩掛け鞄愛用ですが、リュックサックに乗り換えたくなる…。
とりあえず山登りの際には両手が開いてたほうが絶対に良いのでリュックサック重要。


高尾山口駅→1号路を利用して山頂まで→帰りは4号路でビアガーデン→そこからはケーブルカーというルート。
上まで2時間、ビアガーデンまで1時間くらい。

日ごろ運動不足かつ貧血持ちの人間が行ってどうかなぁと思いましたが、結果的に言うと序盤20分で貧血起こしかけました☆

ペースがわからず、最初ちょっと早めに歩いていたのと、序盤の坂が一番きつかったせいか…。
幸いにも会社の人たちは私が貧血持っていることを知っていたのでちょっと休憩させてもらって、そこからはペースダウン。
あと山登り慣れている人が杖(正確な名称がわからない。あの山登りする人が持っているやつ)を貸してくれたのもあり、無事に山頂までたどり着けました。

軽い気分で高尾山いけます☆みたいなブログやらが多いですが、ちゃんと山でしたね…。
ハイキング気分で行くとやられますね…。

でも久々に森林浴してマイナスイオンを浴びて歩くのは気持ちがよかった。


あとは、RDGの世界ですものね!!!笑
少し前にこれをようやく読んでいたのもあり、絶対に行きたいなと思っていたんですよ。
山の中のあちらこちらにパワースポット的な場所があったし、やはり力のある場所なんだろうなと感じました。
(霊感はさっぱりありませんけど)

行きの1号路は道路がコンクリートで舗装されていたし、途中からは境内の中を歩いたりで観光気分(ただし坂道と階段の山。notハイキング)
帰りの4号路は山道。木の根っことかが多いのもあり、雨上がりは滑りそうで怖い道でした。
途中の谷とか吊り橋は山~って感じで楽しかったけれど。


ビアガーデンで昼から飲んで、帰りはケーブルカーという文明の利器に頼りました。
行きに1時間かけてのぼった道が帰りは5分…。文明の利器すげぇ…。


ということで、なめてかかるとえらい目に合いますが、のんびりと登るぶんには良い山でした。
都心からのアクセスも良いし、こりゃ人気だなぁと納得。
たまにはこんなのも良いですね。

月組All For One 新人公演

初めての新人公演観劇。月組All For Oneに行ってきました。

蓮つかさくん、初主演おめでとうございます。
全体的に歌もうまくて、真ん中よく合ってるなぁと。このダルタニアンのまっすぐな役も似合っていたのかな。
殺陣、二幕モノと大変だっただろうけれど、おめでとうございます!
ムラではぐだぐだだったらしい挨拶もぴしっとまとめていて、そのへんも含めて色々頑張ったんだろうなぁ。

ヒロイン、結愛かれんちゃん。
お歌が少々アレでしたが、この地声と女声と使い分けないといけない役。
苦悩するルイーズの雰囲気は出ていた。
まぁ本役のちゃぴ様がちゃぴ様だからね。

輝生かなでくんは綺麗なお顔で。本役みやさまに比べるとさすがに華には欠けるが。


しっかしまぁ、海ちゃんとありちゃん。
さすが日頃から真ん中立ってるだけはあってうまいのなんの。
新人公演の場に立つと抜群に目立ちますね。

ありちゃんは芝居にやや難あり(というか滑舌?)なので、あの重鎮感が必要なマザランはどうなるんだろ、と思っていたが、しっかり重鎮っぽさが出ていましたねー。
歌はもともとうまいし。
本役だと元気いっぱい!な役が多い気がするけれど、新人公演でこういう役をやれるのは縁起の幅が広がっていいんだろうな。

海ちゃんもあの役を楽しそうにされていてよかった。
あの役はまぁ楽しいだろうな。


風間柚乃くんasベルナルド。
まだお若いのに、芝居勘がよいのか。あっちこっちで笑いを取り、あの黒い洋服も似合っていて。
今後が楽しみな子だ。

あとお若いのに雰囲気がよく出ていたのがポルトスの礼華はるくん。
タイタンのお洋服含め似合っていた。

他、佳城くんのボーフォール侯爵。
お芝居がうまい子なので、今後も頑張ってほしい。
本役のリュリも好き。


新人公演はバイトが多いのでそれを見ればよかったのだが、本公演ですっかりみや様しか見てなかったので全体を見るほうに重点を置いてしまった…。
ありちゃんも銃士とか海ちゃんも町の女とかしてたのね!悔しい…。

 

演出も通常2時間半のを2時間にまとめるのは大変なんだろうなぁとか思いながら見ておりましたが、いろいろ切っても成立するのね、と。
仮面舞踏会もあっさり切り捨てても大丈夫だったのねw
1幕終わって2幕に入るところも続けるのはどうするのかと思いきや、こう来たかと。

あとは、本公演では銃士隊の「All fro One,One for All」がやや鼻についたのだが、こちらは減らしていたのかな。
こっちくらいのほうがかっこいいなぁと思う。


全体的なところで言えば、マント裁きや殺陣は本公演と比べるとごちゃっとしていたが、その辺はやはり経験の差がものをいう世界なのだろう。
誰がどう、とかではなく。

客席もいつもより(というか平日夜公演を見たのは久々ではあったが)スーツ姿の男性が多くて、周りの雰囲気を見ていても関係者が多いのかなぁと。


そのへんの雰囲気含めても、本公演と比べるとそわそわしてて熱い感じで面白かったです。

本公演の感想はまた後日。

結婚式覚書・やるかやらざるか。

式覚書その3。
割と他の結婚式ではよくあること、やる人が多いだろうけどやらなかったものと、オプションだけどやって良かったもの。
 
 
◯やらなかったこと
・花嫁の手紙
最初の式場見学したときからずーっとやりたくないと伝えていましたが、これはやりませんでした。家庭事情が少々あるので中身ペラッペラのしか書けませんと最初の打合せできっぱりと断ったらその後何も言われませんでした。
友人に聞いたら、恥ずかしいから、だと超プッシュされるそうです。
 
父親とヴァージンロード入場
上記記載の通り、父親との仲が良くないので。オットと歩きました。
 
・友人からの言葉
上司も呼んでなかったし、スピーチする側だと非常に緊張して100パーセント楽しめないというのが過去の経験上分かっていたのでやめました。
なくても楽しかったよ。
 
エス
ググれば山とブライダルエステって出てくるし、最高の自分で1日を!みたいな宣伝が多くて悩んだのですが以下の理由から断念。
  ・休日をこれ以上つぶしたくない(平日は無理。休日は予約取るのも大変とも言われる)
  ・勧誘こわい
  ・肌が弱い
  ・高い
やらなくても矯正下着でそれなりに絞れたし、肌もボディメイクとやら(当日、白粉を水で溶いたものを肌に塗ってくれました。有料だけど、エステ代金に比べればかわいいもん)により綺麗に見えました。やればもちろん綺麗にはなるのでしょうが、それで新たなストレス抱えたくないので…。
ただしシェービングだけは直前に通ってる美容院でやってもらいました。
 
 
◯やったこと
・メイクリハ
有料でそれなりにいい値段取られるのだけれど、自分のイメージの髪型が髪の長さ上、可能かどうか、とかあるので。あとは肌が弱いので美容院側の化粧品に一日耐えられるか、が最大の理由。基礎化粧品だけ自前、他はお任せにしてもらいました。たぶんどこでもある程度対応してくれる。
 
・式の時のベールダウン
チャペル入場時に母親にベールをおろしてもらう演出です。あとから写真見て良かったし、母親も「最後の支度という意味」と知ったら嬉しそうでした。
 
・ネームカードへメッセージ
家族と親戚以外でしたが、ネームカードにメッセージを書きました。それなりに大変だけれど、これをもらうととても嬉しいし、なかなか一人一人に改めて書く機会もないので。
 
・ネイル
前撮りのときに初ネイル、式が人生2度目でしたが、なんだかんだ指は撮られるし自分のテンションも上げるために。
可愛い系は苦手です、カラードレスは赤ですという身も蓋もないリクエストからデザイン提案していただきました。プロすごい。
やってもらうと女子力があがった気がしますが、メンテと値段をかけると常時する気はしないなぁという結論。
 
 
おまけ
〇やっておいてよかったもの
スクショを取っておくこと。
結婚式準備って驚くほど色んなことを決める必要があります。好きにしていいよ、と言われても困るしさらにそれを業者に伝えないといけません。
ということでドレス、髪型、花、なんでもネットサーフィンしていていいなと思ったものは片っ端からスクリーンショット撮っていました。ある程度集まれば自分の好みがわかってくるし、業者に伝えるときも具体的イメージがあるほうがたぶん伝わりやすい。
 
ということで色々大変でしたが、やってよかったなと思う結婚式でした。
 

初の九州旅行@小倉・博多

ほぼ初の九州旅行一泊旅行に行ってまいりました。

(ほぼ、とついているのは以前下関と広島旅行をした際に、下関→巌流島→小倉から新幹線で広島、としたことがあったので。なので門司は一瞬だけ通り過ぎている)

 

一日目は親族の集まり@小倉であったので、観光はほぼせず。

が、昼も夜も魚の大変おいしいお店に連れて行っていただきました。九州って魚おいしいですね!!

夜に出てきた、これでお刺身舟守4人分。

どれも身厚だし、サーモンのお刺身おいしいって初めて思った。

f:id:crystal0721:20170723175306j:plain

左端にあるのがウニの入っている箱なんですが、九州は箱で出てくるのがデフォだそうです。

関東では一枚一枚ですって言ったら仰天された。

 

二日目は小倉から博多まで新幹線で移動。

博多駅エヴァとコラボ。

f:id:crystal0721:20170723175934j:plain

 

当初博多駅周辺でお昼を食べる予定が、まだおなかがすいていなかったので、目的地へ行く途中で食べることにする。

目的地は海の中道マリンワールド。水族館ですね。行ってから気付きましたが、マツコの知らない世界で特集されていたところでした。

 

博多から乗り換え駅でいったん降車。

f:id:crystal0721:20170723180123j:plain食わず嫌いであった人生初の豚骨ラーメンをいただく。

(写真がボケているのは早く食べたい!と焦っていたため)

豚骨ラーメンの中ではあっさり系であったそうですが、大変おいしゅうございました。

 

その後水族館へ。

ちょうど隣の駅でフェスをやっていたらしく、電車がありがたいことに増便されておりました。

 

f:id:crystal0721:20170723180558j:plain

イルカジャーンプ。

 

イルカショーって定番なのだけれど絶対に見てしまう。

ここのイルカショーはなかなか芸が多彩でした。

大きめのボールをイルカがひれでキック!して客席に飛ばすのとかなかなか見事。あとはトレーナーのお姉さんがイルカの上に乗ったりしてすごっ!ってなっておりました。

 

f:id:crystal0721:20170723180758j:plain

イルカショーのあとソフトクリーム食べていたら、奥の小さなプールでまだ子供と思われるイルカが芸の練習をしていた。

ショー本番も好きだけど、別の時間に練習しているのを見るのも好きです。

 

 

f:id:crystal0721:20170723181128j:plain

マツコのでも紹介されていた、水がどっぼーんと上から降ってきて対流が起きる場所。

入ってすぐにあります。

下から見上げることができるのでなかなかの迫力。

 

 

f:id:crystal0721:20170723181308j:plain

おいしそうなイカさん。

 

 

f:id:crystal0721:20170723181447j:plain

大水槽。

大きな水槽ってやっぱりいいよねぇ。

(確か)イワシの大群があったり、大きなエイだのなんだのがいて、いつまでもぼーっと見ていられそうでしたが、暗いわヒーリング系の曲が流れているわで確実に寝そうでしたので適度に退散。

時間があったらぼーっとしていたかったです。

 

f:id:crystal0721:20170723182104j:plain

水槽横から見た図。

イワシがキラキラ光って綺麗でした。(おいしそう)

サメらしきものが地面にへばりついて休んでいたのが笑えた。

 

 

f:id:crystal0721:20170723182020j:plain

ケープペンギンだったかな。

ケープペンギンは温暖なところで暮らしています、とありましたがそれにしても外は厳しいだろ、と思ってしまう。

細かい水がところどころ吹いていたけれど、ほとんどが水の中には入っていなかったのが不思議。あんまり泳がない種類なのかな。

 

 

f:id:crystal0721:20170723182559j:plain

アザラシかな。

こういう形やイルカを見ると、流線形という言葉をいつも思う。

目を細めて水のなかを気持ちよさそうに行き来していて、水中を移動するにはこの形が一番抵抗ないんだろうなぁというくらいにすいーっと泳いでいる。

 

 

f:id:crystal0721:20170723183033j:plain

こちらは大好きなクラゲ。

クラゲ好きなんですよ。山形の水族館にいつか行きたいです…。

こちらはアカクラゲとかそんな名前の。透明というよりは、ぽよんとしていたし大きかった。なんとなく形がラピュタ…。いえいえ破壊されては困ります。

 

f:id:crystal0721:20170723183247j:plain

定番のももちろん。

ぼーっと見ていたいけれど、クラゲコーナーはいつも人気なのが残念。

 

 

 

水族館を後にして、博多駅へバック。

博多といえばもつ鍋なんでしょうが、もつが苦手なので一口餃子を。

f:id:crystal0721:20170723185943j:plain

 あと水餃子、春巻きも食べたけどどれもおいしくてすいすい入ってしまった。

餃子はタレと赤い柚子胡椒でいただくのが大変気に入って、帰りにお土産屋さんで買いました、赤い柚子胡椒。

 

自分用お土産はイカ明太子と明太子。

熾烈なメーカー合戦が繰り広げられる界隈でやり手のおばちゃんにつかまり、そこにしました。

いや気に入ったので良かったのですが。

 

というわけで一泊二日暑い中でしたが楽しんできた福岡旅行。

また九州別の場所にも行ってみたい!

結婚式覚書・外注か内製か

式覚書、その2。

 

すっかり更新していなかったが、覚書その2。

準備で結構迷ったのがホテルの業者に頼むか外注するか、自作するか。
ホテルの業者はやっぱり高い。が、ある程度の情報は共有してくれるし、クオリティーは保証されている。
ネットで調べて出てくる外の業者は安いところもあるが、一から説明をしないといけないのと、クオリティーが正直分からない。
自分たちで作るのは物によって材料費、作成時間が異なるので一概には言えないが、時間もコストと見るのが社会人なので必ずしも安く済むものではない。もちろん自分の好みに、自分の手で作ったものを当日使えるのは嬉しいんでしょうが。

 

ということで以下が結果。
◯ホテルの業者に頼んだもの
・ドレス
たぶん持ち込みもあったのだろうが、特にこのブランドが着たい!ってのもなかったのであらかじめプランに入っていた業者の中から選びました。

 

・ペーパー類全て
 ペーパー類って何ぞや、と思っていましたが、招待状・席次表・メニュー表のことです。
本当は使いたい紙屋さんがあったのだが、式場料金に一部のアイテムが含まれていたのと、名前・住所等を式場以外にも出すとなるとまた一から別フォーマットへの入力が大変だろうと予想されたので泣く泣くやめました。結果、ホテルのでも良いのがあったのでよしとする。

 

・式場装花とウェディングブーケ
式場装花も式場料金に一部入ってた(もちろんそこから上がったが。)のと、式場に合うのを知っているのはさすがに中の業者さんだろうからここは他を検討せず。
ウェディングブーケは謎の本日成約特典を使用。花嫁といえば百合!(西洋美術史脳)ということで百合使って特典の値段以内にしてくださいと身もふたもないお願いをしました。

 

・引き出物と引き菓子、縁起物
外部だと持込料がかかったのと、人との組合せを考える手間を考えて会場業者。
引き出物はカタログギフトで人によって値段の差をつけました。定番商品でもいいけれど、人によって色々変えられるカタログギフトがよいかと夫婦一致。
引き菓子は無難に焼き菓子。バームクーヘンホールとかだと一人暮らしが困るので詰め合わせ。
縁起物も高級お茶漬け詰め合わせにしました。

 

・エンディングビデオ
当日ずっと横でビデオが回っていて、ラストに流れるやつですね。
なかなかいいお値段でしたが、友人のであれを見るのが好きなので。あと、1ヶ月後くらいに納品されたの見ましたけれど、当日の動画ってやっぱり少ないんですよ。写真はたくさん友人も撮ってくれるけれど。
当日の自分たちが見えないところで友人たちが楽しんでくれている様子を見られたのも良かった。


◯外部業者
・イブニングブーケ
カラードレスのときのブーケ。ウェディングと共通で使用することも考えたのだが、折角なので。
で、ホテルのより断然安かったのでね…。
ちなみに式場名でググって出てきたブログの人が使っていた方にしました。お花も素敵でした。

 

・両親贈呈花束
こちらもホテルの業者は値段の問題もあったのですが、選択肢が少なすぎたので。イブニングブーケと同じ方にしました。
オット側は遠方からなので希望を伺ってプリザーブドフラワー、私の母親は生花。
どちらも素敵だったのだけれど、心残りは大きさが全然違ったこと…。プリザーブドのほうが若干高かったのに大きさがね…。あとでフォローは入れましたし気にされてなさそうでしたが。

 

・プチギフト
ホテルの業者のがよくいただくような可愛いだけで中身どうなんだろのやつだったので自分たちで調べてネットでどかんとお煎餅買いました。箱に入って色気も素っ気もなかったですが、美味しかったので好評。
プチギフトに限らず甘いもの少な目なのは私たちの好みです。というか私がそんなに甘いもの得意でないし、男性も甘いもの苦手な人が多いので。


◯自作
・オープニングムービーとプロフィールムービー
結構大変だったのだけれど、SE二人でやらずにどうする、と。
オープニングはちょうど年末頃に流行っていたガッキーの某ダンスをやりました。誰にも言っていなかったので当日大盛り上がりしてくれたのを扉の向こうで聞いて喜んだ。
プロフィールは写真かき集め、カメラ屋で電子化したり、デジカメ写真をあさったり。
どちらもムービーメーカー使用。ありがとう、マイクロソフト
ちなみに写真にキャプション入れるときは文字の枠つけると超見やすくなりましたので書いておく。これはホテルの映像担当さんに教えてもらった。

 

・ウェルカムグッズ
ウェルカムボードは前撮りで作ってもらったもの。
ラブストーリー(出会った日、付き合った日、プロポーズした日、などを書いたもの)は友人にもらったフォトフレームに手で書いてシール少し貼って作成。確か2日前くらいに作成。
ウェルカムドールはリ◯ックマ(手芸屋で買ったリボンを蝶ネクタイとしてつけた)とぴ◯け(前撮りで使った花飾りを頭につけた)。


気をつけたのは皆に渡すものは万人受けするように。私たちだけで完結するものは好みを、だろうか。
どれも好きなようにやっていいものだけど、統一感が取れているか、不快になることはないかは重視したか。

 

続きます。

第2回ヅカヲタの会

ヅカヲタで集まってカラオケでDVDを見ようの会でした。

第1回が楽し過ぎたので、第2回も開催。

今回の部屋は4面にモニターがあり、推しに囲まれる素敵な空間。

 

第1回はアーサー王でしたが、第2回はショーを見ようの会。

各人持ち寄りの中から組ごとにあみだをした結果が以下。

1.my dream takarazuka
2.ロマンス
3.Amour それは…
4.Apasionado!!III
5.ドンジュアン 1幕

 

これらを見つつ、各人が持ってきた布教の本(組本とか写真集とか若手本とか)が詰まれる完璧っぷり。

 

感想をだらだらと。

1.my dream takarazuka

壮さんサヨナラ。私の推し、まっつもサヨナラ。

 やはり推しはかっこいい。赤いスーツのシーン万歳。

退団者に白を着せるのは反則。何かスイッチが入る。

れいことひとこがまだ若々しくて精一杯きざってます!って感じ。

あゆっちも、今と比べるとストレスで太るタイプだったんだろうな…とよく分かる。可愛いけど。壮ちゃんとのカップル好きだったけど。

あと、大階段群舞がいいよね!シンプル燕尾が好きです。

 

 

 2.ロマンス

北翔さんことみっちゃんと風ちゃんのサヨナラ。岡田先生。

星は見てないせいか分からぬ人が多い…。

岡田先生はパステルカラーやら昭和感ただようし、みっちゃんも何故こんなに昭和感が、なんだろうか。

礼真琴くんに恋しそうで危ないです。たぶんスカピンは見に行かなくて正解だったけど、何年かして後悔しそうな気もする。

トビラのシーンはまんまポラリス湖月わたるさんサヨナラにてあった、サヨナラのシーン)ですが、いいシーンだ。

 

 

3.Amour それは…

95期初舞台。タキシード仮面こと大和悠河さんとうめちゃんこと陽月華さんのサヨナラ。岡田先生。

口上から見たのだけれど、ゆずかれーが真ん中の日で若い!声高い!娘役かっ!って感じなのだが綺麗。後ろを見ると男役のちゃぴが写ってたり、他色々探して改めて豪華な期だな、と。

そして本編。幕開きから、これさっきのロマンスと同じでry。 パステルカラーの娘役が花束持って…と。

他似たシーンが多い。

らんとむが若かったり、みっちゃんも若返ったりしていて面白い。

かちゃはいないのか?と思ったらエリザに出ていたときだったそうで。なるほどね。

 

 

4.Apasionado!!III

たまきちとちゃぴの全ツ。

打って変って藤井先生。藤井ショーは「考えるな!感じろ!!」(友人談)がたぶん正しい。よく分からんけど楽しいシーンは楽しむ。

あーぱっしょなーどっ!のテーマソング知ってたから見たことあるなと思っていたが、100周年のときの名曲100で知っていた様子。

たまきちがまだ固い。

かたやちゃぴ様の女帝っぷり(大好きです。)途中でシマウマの役やってたけど、絶対に草食じゃないだろう、あのシマウマ(ちゃぴは大好きです)

女装のシーンがみんなすごいけど、まゆぽんが歌わずに全て持って行く。まゆぽん、このままいい役どころでいてくれ!

ところで藤井先生って本当女装のシーン好きよね。

あとは謎の動物とか、謎の争い→誰か死ぬ→祈りのシーン→大階段、的な。

藤井先生のショー好きだけどね!

 

 

5.ドンジュアン 1幕

だいもんこと望海風斗さんの外箱モノ。

輸入物なので曲もいいんだけど、何よりだいもんがすごい。歌もだけど、ヅカ的に大丈夫?というくらいエロいわ、悪い役だわ、悪い顔だわ。超かっこいいけど。

オープニングから「生で見たとき宿したかと思った」と参加者の声がありましたがよく分かる。

咲ちゃんの役が良い人すぎて心配になる。

美穂さん歌ウマだし目力強いしこの役本当似合う。

有沙さんの歌が良い。

煌羽レオくんの美女役の腹!初見の方もおーっとなる。

みちるちゃん、可愛いから頑張って!!(何を、かは言わないことにする。本人も組本で言ってたし)

時間の関係で2幕は次回。ガラリと変わって子犬のようなだいもんです。

 

 

ということで今回も楽しかった。

組担当が違うと、これ誰?と聞けば返事が返ってくるのが素晴らしい。

最後に、店員のお兄さんがまいてぃー似であったことを記しておく。

 

日本全国梅酒狂想曲

祖母の家には梅の木があって、実をつけた年はそれに針でたくさん穴を開けてシロップ漬けにしてくれた。シロップも優しい甘さで美味しかったが、梅も柔らかく甘くなってすごく好きだった。

ここ数年は母が梅酒やら何やらを漬けるようになっていたが何故わざわざ材料を買ってきて漬けるのか不思議であった。半年くらい経てば美味しい梅酒が出来上がっているので有り難く飲んでましたけど。

 

そして実家を出てもうすぐ一年になるこの季節。梅が売られてるのを見かけ、母にも簡単だから漬けたらと薦められ漬けてみちゃいました。

やり方は簡単。梅と氷砂糖とホワイトリカー買ってきて、梅を洗って1つずつヘタを取って拭いて、氷砂糖とホワイトリカーと共に容器の中へ。(詳細はググってください)

 

f:id:crystal0721:20170618101312j:image

 

梅の匂いを久々に嗅いだ。

飲めるようになるまで少し時間がかかる。
初の梅酒がどんな味か、とても楽しみだ。